サラスバ(SARASVA)の溶存水素濃度測定

サラスバ|水素濃度測定レビュー

水素濃度は充填時より飲む時が大事なのを実感

サラスバ(SARASVA)の溶存水素濃度測定を行いました。

サラスバ(SARASVA)お試し10本セット


注文したのは、お試し10本セットです。

サラスバ(SARASVA)包装ダンボール


内箱は無くて、ダンボールに仕切りを組んだだけの簡易包装でしたが、資源を無駄にしないので、これで十分と思います。

注文翌日発送で、熊本から横浜なので配送に2日。注文から3日目に到着です。

例によって賞味期限をチェックしたところ、アルミパウチの底に製造年月日と賞味期限が両方記載されていました。

サラスバのパウチに印字されている製造年月日と賞味期限


賞味期限は4ヶ月です。分かりやすくてとても良いですね。
製造日が6月28日ですので、製造2日後には発送していることになります。
やはり工場直送は新鮮ですね。

サラスバの水素濃度測定値

注文日:6月29日
商品発送日:6月30日 到着日:7月2日(横浜市)
測定日:7月3日(製造後5日目)
測定値:1.12ppm

サラスバの溶存水素濃度測定値1.12ppm


サラスバの充填時水素濃度は飽和状態の1.6ppmですので、ナノバブル方式や加圧充填で2.0ppmを超えるような充填方法ではありません。

しかし今回の測定値は1.12ppmという満足のいく数値が出ました。

充填後の工程や配送状態でも多少変わるかもしれませんが、やはり新鮮さは大事な要素ですね。

サラスバを1ヶ月半後に再測定

日にちが経ってからの測定用に残しておいたサラスバの、溶存水素濃度を測ってみました。

日光があたらない場所で保存していましたが、夏の暑い時期ですので、日中は40℃近くになっていたかもしれません。
製造後49日目の測定になります。

サラスバの水素濃度測定値(2回目)

測定日:8月16日(製造後49日目)
測定値:1.01ppm

サラスバの溶存水素濃度測定値1.01ppm(製造後49日目)


2ヶ月近く経っても、しっかりと1.0ppm以上をキープしていることが分かりました。
これなら30本購入しても安心して飲めますね。

サラスバ楽天市場店
サラスバYAHOOショッピング店
        

ホーム RSS購読 サイトマップ