水素水サーバー比較ランキング

水素水サーバー(据置型水素水生成器)まとめ

水素水サーバーはアルカリイオン整水器とは違う

水素水サーバー(据置型水素水生成器)

ここでご紹介する水素水サーバー(水素水生成器)とは、パナソニックや日本トリムから出ているアルカリイオン水(電解水素水、還元水素水)の整水器とは違います。

水素分子(H2)を水に溶け込ます仕組みですので、水素濃度が高く1.0ppm以上の製品が主流で、水質やpH(ピーエイチ、ペーハー)は変化しません。
pH7.0前後の中性ミネラルウォーターを使用すれば、そのままの水質で高濃度水素水になります。

アルカリイオン整水器の水素濃度はpH9.0〜pH10.0のアルカリ水で、やっと0.4〜0.8ppm にしかなりません。水素分子以外の成分が含まれていて、白金コロイドなどの金属に吸着した水素イオンに効果があるのだという説がありますが、「水素水」を飲みたいのでしたら、アルカリイオン整水器は別物だと考えてください。

また、どちらも「電気分解」という方式が使われますが、アルカリイオン整水器のように水をアルカリ水と酸性水に分解するのではなくて、水素水サーバー(水素水生成器)は水(H2O)を水素分子(H2)とオゾン(O)に分解し、水素分子(H2)を水に溶け込ませ、オゾン(O)は通常外部に放出します。ですから、pHも変化しないのです。

そして、1.0ppm以上の高濃度になるのは、この電気分解方式です。
ウォーターサーバーにマグネシウムなどを入れて濾過(ろか)させるものは、微量の水素しか発生しませんのでご注意ください。

水素水サーバーのメリット・デメリット

サーバータイプの良いところは、何と言ってもたくさん飲めば飲むほど経済効果が出て、単位あたりの費用が安くなることです。

アルミパウチ水素水を1日1L飲むと400〜500円にはなりますから、1年間飲み続ければ、どう考えても水素水サーバーの方がお得になります。
これは、水素水ボトル(携帯型水素水生成器)でも同じくお得です。

また水素水サーバーは、作りたてに近い状態で飲めるので、飲む時の水素濃度が高く、アルミパウチ水素水のように保存中に水素が抜けていくことがありません。

逆にデメリットとなるのが、初期コストがかかること。カートリッジなどの交換部品も必要になりますので、期間や費用を確認しておきましょう。
そして当然ですが据置型ですので、外出先へ持っていくことはできません。
(専用の容器に詰め替えて持ち出すことは可能です)

生成方法は電気分解方式のものがほとんどですが、各製品それぞれに特徴や性能差があり、価格も5万円台から30万円以上のものまで幅があります。

ここからは、性能や特徴などからコストパフォーマンスが良い、お薦めの製品をいくつかご紹介します。
水素水サーバーがある場所にいる時間と、利用する人の人数を考慮して選びましょう。

水素水サーバーの比較とお薦め度ランキング

LOURDES HYDROFIX(ルルドハイドロフィクス)

LOURDES HYDROFIX(ルルドハイドロフィクス)



【ルルドハイドロフィクス】

ルルドハイドロフィクスの特長
人気ナンバー1だった「ルルド」の最新機種です。

大幅に機能アップして、本体価格は逆に安くなっていますので、水素水サーバーの購入を検討されているならば、文句なしのお薦めです。

ポイントは以下のとおり。

水素濃度メーターで、1.2ppmが目で分かる!
実際飲むときにどれくらいの水素濃度なのかは通常分かりませんが、ルルドハイドロフィクスには水素濃度メーターが付いているので、一目瞭然です。
つまり1.2ppmの濃度保証ということ。

水素生成後も、少しずつ抜けていく水素を補充する機能がありますので、高濃度を維持しています。

水素ガス吸入ができる!
これは画期的です。水素ガス吸入は大変高価な機材が多く、医療機関などでしかできないことでしたが、家庭用の水素水サーバーで実現しているのはすごいです。

しかも1分間に26mlの水素ガスですので、これは水素濃度1ppmの水素水26リットル分の水素量に相当します。たった1分だけでもです。
※水素ガス吸入スターターキットは別売りですので、本体と合わせての購入をお薦めします。

水素ガス吸入スターターキット


浄水フィルター搭載可能
従来品のルルドは浄水機能がありませんでしたが、別売りで浄水フィルターが付けられますので、水道水でもOKになりました。

私としては、ミネラルウォーターで作る方が美味しくてお薦めです。
浄水フィルターなしで原水の水質は変わりません。phも+-0.1の範囲でしか変わりません。

5年間保証!
当サイトで調べた限り、5年間保証の製品は他にありません。
メーカーサポートダイヤルでいつでも対応してもらえます。

その他の詳細機能は販売ページでご確認ください。

購入を迷われている方は、無料資料請求も活用されると良いと思います。

詳しくはこちら⇒【ルルドハイドロフィクス】

 

ガウラ・ミニ(GAURAmini)
レンタルするならガウラ・ミニ(GAURAmini)

ガウラ・ミニ(GAURAmini)


ガウラ・ミニ(GAURAmini)は、次にご紹介するエイチツー・ガウラ(HUGAURA)の卓上タイプで、4リットルの大容量タンクに 水を入れて使用します。
タンクへの給水が必要なかわりに、コンパクトで水道直結ではないので、置き場所を選びません。

性能もエイチツー・ガウラに見劣りすることはなく、ボタンを押したら溶存水素濃度約1.0ppm(注入時水素量は20,000ppm以上)の水素水が、すぐに出てきます。

3年のレンタル料金は、エイチツー・ガウラより1,000円安い、月4,980円(税別)で年1回の活性炭フィルター交換代金も入っています。
初期費用をかけられない人には、これは魅力ですね。

購入の場合も「発売記念特別価格」で、エイチツー・ガウラより50,000円安いです。
活性炭フィルターもエイチツー・ガウラより安いので、3年レンタルの総費用よりも購入した方が若干安くなります。

ルルドハイドロフィクスと同価格帯になりますが、ルルドハイドロフィクスはレンタル対応していませんので、レンタルするならガウラ・ミニです。

詳しくはこちら⇒ガウラ・ミニ(GAURAmini)


※ガウラ・ミニ(GAURAmini)、エイチツー・ガウラ(HUGAURA)は、ブランド名を変えて他社で販売している商品もあります。
販売価格は同じ、もしくは高いので、ガウラで購入した方が良いです。

例えばこちら、マリアージュ(mariage)

マリアージュ(mariage)

中身はガウラ・ミニ(GAURAmini)と同じですが、52,000円も高く、エイチツー・ガウラ(HUGAURA)よりも2,000円高くなってしまいます。


 

エイチツー・ガウラ (HUGAURA)
エイチツー・ガウラ (HUGAURA)の特長

エイチツー・ガウラ (HUGAURA)

エイチツー・ガウラはフィットネスクラブなどによく置かれている水素水サーバーで、その業界シェアはNO1です。

ガウラの特長は、特殊な電気分解方式で、水の出口付近で水素を生成・注入するので、作りたての水素水がいつでも出てくるということ。注入時の水素量は水が白くなるほど多くて、溶存水素濃度は1.0ppm以上(注入時水素量は28,000ppm)です。

水道直結型で、浄水機能が付いていますので、1ppm以上の水素水が、いくらでも飲み放題です。
それが大勢の人が集まる場所に置かれる最大の理由でしょう。

家飲み主体の大家族利用が、一番適している水素水サーバーです。

デメリットは、水道直結して大きいので、設置したら簡単には動かせないこと。
W250×D370×H1140mmありますので、設置場所を確認して検討しましょう。

価格もやはり高価ですが、一般家庭向け販促キャンペーンで、大幅値引き中です。

また、ガウラ・ミニ同様レンタル契約があります。
レンタル料金には年1回の活性炭フィルター交換も入っていますので、2年、3年契約は購入より安いですが、もっと長く使われるなら、キャンペーン中に購入した方がお得です。

詳しくはこちら⇒エイチツー・ガウラ (HUGAURA)

 

アキュエラブルー(aquela blue)
アキュエラブルー(aquela blue)の特長

アキュエラ・ブルー

アキュエラブルーは、高性能水素水サーバーの代名詞のように言われてきた製品で、今でもそのレベルは高いままです。

電気分解方式で、1回の電解でも溶存水素量0.8〜1.0ppm、酸化還元電位-500mvですが、
連続11回自働電解機能で、通常気圧での飽和水素濃度である1.57ppm、酸化還元電位-600mvを実現しています。

しかも水素の気泡の大きさが200nm(ナノメートル)以下という、ナノバブル水素水ですので、水素が抜けにくく、長時間高濃度を持続します。

価格はもちろん当サイトのお薦め中では最もお高いですが、カートリッジやフィルターのような交換部品が不要で、1日4Lの生成でも8年間分の耐久テストに合格しています。
(もっと高価な製品もありますが、これ以上必要ないと思います)

写真の印象ほど大きくはなく、水道直結型ではありませんので移動可能です。(内蔵ポンプで貯水部分から給水します)

詳しくはこちら⇒アキュエラブルー

ウォーターサーバー型をお薦めしない理由

Aqua Bank(アクアバンク)

水素水サーバーの中には、ウォーターサーバー型で水素も発生させるという製品もあります。

しかし水素の発生量については、電気分解方式の水素水サーバーと比較すると半分以下です。

例えばこちらの製品でご説明します。

Aqua Bank(アクアバンク)

アクアバンクは、ろ過フィルターカートリッジとハイドロディスクという2つの材料を使って、浄水とミネラル添加、水素発生を行っています。

水素が発生する仕組みは、ペットボトルに入れる水素水スティックと同じ、マグネシウムやセラミックとの化学反応によるものです。

アクアバンクさんは、誠実に溶存水素分析の試験報告書を掲載されていますので、それを見ると、
サーバー設置から3時間で 0.33ppm程度、24時間経過でも 0.5ppm程度の溶存水素濃度です。

カートリッジは年に1回は交換するようですが、マグネシウムやセラミックの水素発生量は徐々に低下して行きますので、交換前の時期には、もうわずかしか発生していないのではないかと思います。

レンタル料金は確かに安い(3,980円(税別))のですが、水素水をメインで考えているのなら、あと1,000円足すとガウラ・ミニ(GAURAmini)、もうあと1,000円足すとエイチツー・ガウラ(HUGAURA)がレンタルできますので、そちらをお薦めします。

ウォーターサーバーは、やはりミネラルウォーターがメインで、水素はオマケと考えた方が良いです。

他にも水素水サーバーはいろいろありますが、古い製品だったり、高すぎたりしますので、割愛します。
        

ホーム RSS購読 サイトマップ