水素水濃度(溶存水素含有量)の単位と量

水素水濃度(溶存水素含有量)の単位と量

水素水濃度(溶存水素含有量)の単位と量

水素と水の化学式イメージ


そもそも水の中にどれくらいの量の水素が含まれていたら、「水素水」と言えるのか、疑問に思われるでしょう。 しかしその前に、量を測る「ものさし」を理解しなくてはいけませんね。

水中の濃度を示す単位としては、ppmをよく使います。
ニュースなどで、汚染水における毒物の量を示すのに、聞いたことがあるのではないでしょうか。

ppm はパーツパーミリオン(parts per million)の略で、100万分の1を表します。
1ppmは、1Lの水に1mgの量、つまり1ppm=1mg/Lです。

ppbというのが出てくることもありますが、
ppb はパーツパービリオン(parts per billion)の略で、10億分の1を表します。
ということは、1000ppb=1mg/L=1ppmです。

消費者のために統一してもらえると良いのですが、残念ながら表記がまちまちで、中には数字が多く見えるようにppbで表記しているのではないかと思われるようなサイトもあって混乱してしまいます。

0.8ppmと表記するよりも、800ppbの方がたくさんあるように感じるからです。
冷静に見なくてはいけませんね。

水素水は1.6ppmが限界という都市伝説

通常の1気圧での水では、約1.6ppmが自然界の水素分子が溶け込む溶存水素濃度の飽和値であるということは科学的な計算でも証明されていて、最近はかなり知られるようになりました。

それで、水素水も1.6ppm以上のものは存在しませんとか、最高濃度1.6ppmです、といった記載も見受けられるのですが、技術は日々進歩していますので、それを上回る製品が次々に出てきています。
それが人間の知恵というものですね。

1.6ppmを超える水素水を作る方法は、二通りあります。

1つは「加圧方式」で、水素を密閉容器に圧力をかけて押しこんだり、圧力に耐える容器の中で水素を発生させ続ける方法です。
この方法で、アルミパウチ製品なら充填時3.0ppm、耐圧容器の中で作って飲む製品ならMAX7.0ppmを実現しているものもあります。
7.0ppmの状態なら、内部は5気圧くらいになっています。

耐圧容器で7.0ppm製品セブンウォーター(7Water quasia)

もう一つの方法は、水素の粒子をナノメートル単位にまで小さくしてから、水に溶け込ます方法で、「ナノバブル方式」とか「ナノバブル製法」とか言われます。

水素の粒子を小さくすると粒子内の気圧が上がって、水の中で安定して、なかなか出て行かなくなるのです。
その結果、たくさんの水素が入って高濃度になります。
この方法ですと、圧力をかけなくても通常の1.5倍、つまり2.4ppmくらいまでは充填することが可能になっています。

ナノバブル代表製品「浸みわたる水素水」

ナノバブルの場合は開封しても水素が抜けにくいのが特長ですが、圧力をかけて作ったものは、開封すると気圧差が無くなって早く抜けていきます。

「水素ガス濃度」だとケタ違いになる

これまでご説明した「溶存水素濃度」は、水に水素を溶け込ました状態の濃度です。

それに対して「水素ガス濃度」という場合は、水素ガスで水が白くなるくらいまで注入したときの、水素量を表しています。

ですからppmで表記するとケタ違いに大きくなるのですが、もちろん水素の泡はみるみるうちに放出されて無くなります。

注入した直後の泡を飲めば、たくさん水素を吸収できるというアイデアですね。


次の記事も読む⇒酸化還元電位(ORP)とは?

一つ前の記事へ⇒水素水の様々な呼び名とその意味
        

ホーム RSS購読 サイトマップ