最低限の溶存水素含有量はいくらか

最低限の溶存水素含有量はいくらか

最低限の溶存水素含有量はいくらか

水素水の水素濃度イメージ

水素水濃度の記事でちょっと触れましたが、そもそもどれくらいの量の水素が含まれていたら、「水素水」と言えるのでしょうか?

法的な基準なんて無いですから、悪い言い方をすれば、皆勝手に言っているわけで、公表値も皆都合の良い条件で最大MAX値を出していますし、他の製品を低く示す傾向も見受けられます。

一応、水素水研究のオーソリティーである「分子状水素医学シンポジウム」という研究会では、水素水を以下の条件を満たす溶液としています。

(ここから引用)
消費者が開封したときに分子状水素の溶存濃度が40 μM以上存在している溶液。
40 μMは飽和水素濃度の5%にあたり、80 μg/L(0.08 ppm)を意味します。
水素関連商品についても、これと同等の分子状水素が存在する、または発生するものとします。
現段階における研究結果を根拠に分子状水素が生体において効果を示す最低濃度として定めましたので、研究の進歩により本規定は変える可能性があります。
(引用ここまで)

0.08ppm(=80ppb)は、常気圧での飽和水素濃度1.57ppmの約5%ですから、かなりゆるい基準と思いますが、「消費者が開封したときに」というのが重要で、実際飲むときに溶存していないと意味が無いということです。

水素水製品を選ぶときには濃度が示されていることは必須と思いますが、計測した条件と、実際に飲む段階までの変化も考慮に入れて、考えた方が良さそうです。

水素水の種類は、生成の方法やタイプによって、サーバー型の生成器や携帯型の生成器、水素発生スティック、完成品のドリンクタイプなど様々です。
新品の水素水スティックでの発生直後の数値や、ドリンクタイプでの工場出荷時の数値などは注意が必要です。

筆者の考えでは、実際に飲むときに、0.3ppm(=300ppb)以上溶存していたら、ミネラルウォーターより高いお金を払っても飲む価値があるのではないかと思っています。

生成方法の違いや、各タイプのカテゴリーページに詳しいご説明を掲載しますので、参考にしてください。

水素水の生成方法の違いと製品カテゴリー

計測数値が公表されていなかったり、分かりにくかったり、少しでも消費者を欺こうとするような雰囲気が感じられたなら、その製品は購入を控えた方が良いと思います。

一つ前の記事へ⇒酸化還元電位(ORP)とは?
        

ホーム RSS購読 サイトマップ