水素水の生成方法の違いと製品カテゴリー

水素水の生成方法の違いと製品カテゴリー

水素水の生成方法の違いと製品カテゴリー

水素水の生成方法と製品カテゴリー

水素水製品には様々なタイプがありますが、それぞれのタイプは、水素水の生成方法とも関係があり、大体等しく分類できます。

「電気分解方式」は、水を水素水とオゾンに分解して水素水の方を飲む方法で、主に水素水サーバーに使用されています。
オゾンは放置すれば酸素になりますが、オゾン水にすれば殺菌・除菌、消臭・脱臭などに利用も出来ます。

水素水サーバーの特徴や比較はこちらです。
水素水サーバー比較ランキング

携帯型水素水生成器はこちらです。
携帯型水素水生成器

「金属マグネシウム反応方式」は金属マグネシウムを水と化学反応させて、水素を発生させる方法で、水素水スティックなどに使用されます。
使用を続けるうちに金属マグネシウムが劣化するので、交換しなければなりません。

水素水スティックの特徴や比較はこちらです。
水素水スティックの特徴と比較

「水素ガス充填方式」は読んで字のごとく、水素ガスを水に充填する、溶かし込む方法です。
専用の製造ラインが必要になりますので、工場で生産されるアルミパウチ水素水に使用されています。

アルミパウチ水素水の特徴はこちらです。
アルミパウチタイプ水素水の特徴・比較

「ナノバブル発生方式」というのは、水素の気泡をナノメートルサイズまで小さくする技術を使って溶け込まし、水素濃度を上げたり水素が抜けにくくする方法で、「水素ガス充填方式」や「電気分解方式」と組み合わせて利用される最先端技術です。

ユニークな方法としては、「水素生成剤」を水と反応させて、その場で水素水を作って飲むという、超高濃度な製品があります。
医療でも使われる水素濃度7.0ppmの水素水

その他、粉末などの水素発生剤をカプセル化して飲むものもあります。
水素発生原料としているのは、マイクロクラスター、精製岩塩(水素化マグネシウムと呼ばれていたもの)、ゼオライト、牡蠣殻カルシウムなどです。
どれも皆「水素サプリメント」として販売されている製品の原料になっています。
水素サプリメントの特徴はこちらです。
水素サプリメント比較ランキング

生成方法にもっと興味がある方は、下段の各個別ページを参照してください。
        

水素水の生成方法の違いと製品カテゴリー記事一覧

電気分解と金属マグネシウム反応

「電気分解方式」電極の周りに水を通過させることで、陰極側に水素水を生成する仕組みです。反対の陽極側には必ずオゾン(酸性水)が発生しますので、有効活用するかどうかは利用者次第です。ボタン選択でどちらか一方だけを作るタイプや、電極の配置を工夫して水素に特化したものなど、各社特徴がありますが、基本的にこの...

≫続きを読む

 

水素ガス充填とナノバブル

「水素ガス充填方式」水素ガスを圧力で水中に押し込む形で充填する方式で、密閉容器に詰めて出荷されます。アルミパウチやボトルで販売されている水素ドリンクタイプのほとんどがこの方式です。(左の写真は「水素水サラスバ」)どこでも手軽に飲めるのが利点ですが、開封したらなるべく早く飲み干さないと、水素が抜けてし...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ