7.0ppm水素水 セブンウォーター

医療でも使われる水素濃度7.0ppmの水素水

リウマチ治療に水素水を使った症例

コップの水素水

日本リウマチ学会専門医の石橋 徹(いしばし とおる)さんという方が書かれた「未来年齢予測 患者さんが教えてくれた水素H2による減齢効果」という本があります。

この本で紹介されている、水素水だけでリウマチを治療したという症例報告に登場するのが、水素濃度7.0ppmの水素水です。

リウマチ治療に水素水を使用するにあたって、人体の末端まで水素を行き渡らせる量として3.5mg、つまり水素濃度7.0ppmで500mlを飲んでもらうという方法をとっているのです。
1日2回1000ml飲む日もあったそうです。そうすると1日7mgですね。
本のタイトルにあるように、素晴らしい結果が出ています。興味があれば読んでみてください。



水素濃度1ppmくらいの水素水でも、肌がきれいになったとか、肩こりが無くなった、あるいは朝の目覚めが良いといった話はよく聞きますが、7.0ppmというのは病気の治療にも使えるほどの濃度だということです。

水素濃度7.0ppmの製品とは

石橋 徹さんの「未来年齢予測」では、具体的な製品名までは書かれていませんが、7.0ppmの水素水を実現しているのは、私が知る限り2つしかありません。
どちらも製造元はMiZ株式会社というところで、同社の特許製品のようです。
つまり2つの販売会社へOEM供給しているということですね。

一つ目の製品は、トラストネットワーク株式会社というところが販売している「水素水7.0ppm aquela」です。
2013年に週刊文春で超高濃度が証明された「水素水5.0ppm」の後継製品になります。

水素水7.0ppmスターターセット



もう一つの製品が、株式会社新広社というところが販売している「セブンウォーター(7Water quasia)」です。

セブンウォーター(7Water quasia)



基本的にはどちらも変わりません。
水素濃度を証明するために、わざわざ水素濃度を測る試薬まで同梱しています。

違う点は、「水素水7.0ppm aquela」はアルミニウムが含まれる水素生成剤が触れる部分を分離して、なるべく水素だけを通すようにしているのに対し、「セブン・ウォーター」の方は、袋詰めされている水素発生剤をそのまま入れます。
この違いだけで、「セブン・ウォーター」の価格が安くなっています。
アルミニウムは大量に摂取すると問題がありますが、食品添加物や医薬品にも使われていますので危険物ではありません。
またこの水素発生剤は、特殊な「ガス透過性フィルム」に覆われており、水質を変化させず安全です。

セブンウォーター(7Water quasia)

その後、両社とも新製品を出しており、トラストネットワーク社は「TRUST8.0」という製品になっています。
こちらは生成剤を入れるカプセルを変更して分離したようで、24時間置いたときの水素濃度が8.0ppmとなっています。

新広社のほうは、「セブンウォーター・エクストラ」にバージョンアップしています。
セブンウォーターでは付いていなかった生成剤カプセルを新たに開発し、10分で高濃度になるという、大幅な時間短縮を実現しています。
7waterというものの、試薬を使った実験動画を見ると、最高濃度は8.5ppmにまでなるようです。
セブンウォーター・エクストラ

詳しくはこちら⇒セブンウォーター・エクストラ

セブンウォーター・エクストラの作り方と水素濃度実験





水素濃度7.0ppmを実現している方法は、水素生成剤を使い毎回作って飲みます。
通常1気圧での水素飽和濃度が約1.6ppmであることはよく知られているため、7.0ppmなんてあり得ないと思われる方もいらっしゃいますが、圧力をかけて行けば濃度は上がり、超過飽和状態になるのです。

水素生成剤の材料は、特許の説明を見ると、水素発生剤としてのアルミニウムと、水素発生反応促進剤として酸化カルシウムまたは水酸化カルシウムを使っているようです。

水素生成剤を入れると、どんどん水素が発生して容器に内圧がかかるため、専用の耐圧容器を使用して作ります。(公表値は5気圧)
容器を開けたときにプシュッという音がしますが、これは水素によって水から押し出された分子が開放された音です。
耐圧容器はアルミパウチのような密閉性は無いので水素の抜けも速いですが、短時間で飲み切る間は超高濃度であることに間違いはありません。

作って飲むのが少しだけ手間ですが、価格的にもアルミパウチ水素水と変わりません。
正直言って、アルミパウチ水素水を継続して飲まれるよりも、セブンウォーター・エクストラを継続した方が良いと思います。

セブンウォーター・エクストラ
        

医療でも使われる水素濃度7.0ppmの水素水関連ページ

水素水を保存して残念だった話

ホーム RSS購読 サイトマップ