水素水を保存した友人の母のお話しです

水素水を保存して残念だった話

水素水を保存して残念だった話

水素水を入れたペットボトル

先日、友人である多恵ちゃんのお母さんが、水素水サーバーを購入したそうです。
多恵ちゃんは私が水素水のサイトを運営しているのを知っていて、その話をしてくれました。

多恵「こないだ母の家へ行ったら、どこで知ったのか分からないけど、水素水のサーバーが置いてあったんだよね。」

ところが、ちょっと不安そうな顔をして、
「それでね、なんだかその水素水サーバーの近くに、たくさんペットボトルが並べてあるの。」
「お母さん、これなあに?って聞いたら、「水素水だよ。」って。」

つまりペットボトルにいっぱい水素水を作り置きしてあったわけです。

多恵ちゃんは、水素が抜けやすいってことは知っていたけど、
どの程度か自信が無かったので、そのまま帰ってきて、私に聞きたかったらしい。

多恵「水素って抜けるんだよね?」
「うん、ペットボトルだと1日でほとんど抜けて、無くなるよ。」
多恵「じゃあ、ただの水ってこと?」
「残念だけど、そうだね。」
多恵「・・・・・。私の母って、ばかだね。。」
「いやいや、お母さん知らなかっただけだから、電話して教えてあげなよ。」

ちょっとかわいそうで、笑えなかったんですけど、
お年寄りなら結構こういう人っているんじゃないかなあと思います。

水素水サーバーにペットボトルを見かけたら、
もしやと思って、教えてあげましょう。

ちなみに、水素水サーバーから水素水を持ち出すときは、
専用の保存容器か、アルミボトルに入れてしっかり口を締めるようにして、
なるべく早く飲みましょう。

 

Amazonでこういう容器を売っています。

水素水専用保存容器 HWATER−BAG 500ml 携帯バッグセットレッド

        

水素水を保存して残念だった話関連ページ

医療でも使われる水素濃度7.0ppmの水素水

ホーム RSS購読 サイトマップ