Re:Cure H2(リキュア H2)

 3.携帯型水素水生成器(ボトル)

¥7,300

おすすめ度

「Re:Cure H2(リキュア H2) 」という製品は、多くのネットショップで販売されている「Hydrolight H2(ハイドロライトH2)」という商品と中身が同じものです。

メーカー名が、「イトウ ポータブル水素水生成器」となっているものと「ヒロコーポレション ポータブル水素水生成器」となっているものがあります。

実はこの㈱イトウと、㈱ヒロコーポレションは北九州市の同じ住所にあって、同じ事業をしている会社です。
どちらもいろんな商品の企画開発・製造委託・販売や輸入販売をしている卸業者なのです。
ですから同じ商品が両社から販売されて、ネットショップで2つの名前が出ているわけです。

さらに、基本仕様が同じで部品の色などを変えた、違う商品名が他にもあります。

「Merry Pure +H2(メリーピュアプラスH2)」「HYDROⅡ(ハイドロツー)」の2商品も先ほどの2社から出ているもので、中身はおそらく「Hydrolight H2(ハイドロライトH2)」とまったく同じものです。

肝心な性能については、水素濃度が公表されておらず当サイトでも測定していませんので不明です。
いくつかのネットショップでは、4分で600ppb(0.6ppm)という記載がありますが、購入者がメチレンブルー試薬で測ったところ100ppb(0.1ppm)だったというレビューもあります。

そして価格はというと、「Re:Cure H2(リキュア H2) 」だけで言えば、上は18,330円(税別)から、下は5,000円程度で販売しているところもあります。
「Hydrolight H2(ハイドロライトH2)」は27,953円(税別)のショップもあります。
高く買ってしまったらショックでしょう。

このページの7,300円は、「Re:Cure H2(リキュア H2) 」で、最も多いショップ価格です。

水素もあまり出ていないし、壊れたらあきらめるくらいの商品と思います。

・サイズ:直径約7.36φ × 高さ約20cm
・内容量:約330ml
・材質:キャップ:ABS樹脂、パッキン:シリコン、ベース:ABS樹脂、ボトル:PC
・入力電源:USB 5V 1A
・内蔵電池:リチウムポリマー 二次電池(バッテリー)
・充電時間:USBアダプタ使用約2時間30分(目安)
(1回の満充電で約15回の生成が可能)
・付属品:取扱説明書・保証書・マイクロUSBケーブル
・保証期間:6ヶ月

created by Rinker
¥6,166 (2019/03/22 21:54:02時点 楽天市場調べ-詳細)

販売元:株式会社イトウ、株式会社ヒロ・コーポレーション

最新 水素水ボトルのおすすめはこちら