おすすめの水素水サーバーランキング5選と外した21製品の理由

おすすめの水素水サーバーランキング

おすすめの水素水サーバーと、それ以外に調査した製品についてのコメントもご説明しています。

何を基準におすすめの水素水サーバーを選んでいるかについては、下記の記事を参考にして頂きたいのですが、主な項目だけここに記載します。

  • 良い水素水サーバーは、実際に飲むときの溶存水素濃度が1.0ppm以上で、水素発生方式は「電気分解方式」
  • 第3者機関の検査証明書画像が掲載されているか、測定画像が掲載されているかといったところで確認できるが、意外と簡単な判断基準は信頼できるメーカーや販売会社かどうか
  • 定価10万円以下の製品には注意して、なるべく手を出さない
  • パナソニックや日本トリムから出ているアルカリイオン水(電解水素水、還元水素水)の整水器は水素水サーバー(水素水生成器)とは別物なので対象外

詳しくはこちら

コップで水素水を飲む女性
近年、家庭用の水素水サーバーが高濃度で高性能になりましたので、アルミパウチの水素水よりも水素水サーバーの方が主流になっています。 アルミパウチ水素水を1日1L飲むと400~5
 

おすすめの水素水サーバー

ガウラ・ミニ(GAURAmini)

ガウラ・ミニ

●水素生成待ち時間ゼロ!

ガウラは特殊な電気分解方式を採用していて、一般の水素水サーバーのようにタンクの中で水素水を作って溜めておくのではなく、出口付近で水素を生成して注ぐのが最大の特長です。

水素水ができるまで待つことがありませんので、とてもストレスフリーなのです!

●溶存水素濃度1.0ppm+水素ガス28,000ppm※

溶存水素濃度約1.0ppmは水に溶け込んでいる水素量で、注入時水素量は28,000ppm、水に対して2.8%の水素ガスをバブリングしますので、水が白くなるほど目で見て分かります。

※2016年発売時のプレスリリースでは20,000ppmでしたが、現在公式ホームページでは28,000ppmとなっています。

●タンクはたっぷり4L。浄水機能付き

ガウラ・ミニ(GAURAmini)は、後にご紹介するエイチツー・ガウラ(HⅡGAURA)の卓上タイプで、小型でコンパクトなので、置き場所を選ばず初期工事も不要です。

据え置き型のエイチツー・ガウラとの違いは、水道直結ではないので、タンクに水を入れて使用するということですが、浄水機能は付いているので水道水が使えますし、タンクはたっぷり4Lあります。

●簡単クリーニング

30リットル毎にクリーニングサインが点滅し、クリーニングボタンを押すだけで汚れやすい水素発生器をきれいに保ちます。

●レンタルor購入

ガウラ・ミニにはレンタル契約もあって、3年レンタルの場合は、月4,980円(税別)で年1回目安の浄水フィルター交換が無料です。

購入の場合は148,000円(税別)で、送料と浄水フィルター交換は別途かかります。※オプションカラーはプラス料金

JACCSショッピングクレジット(JACCSカードは不要)を利用すると、金利手数料無しで月々2,700円の60回(5年)払いも可能ですので非常にお得感があります。

 

一人暮らしや少人数なら、抜群のコストパフォーマンスですので、ガウラ・ミニをおすすめします。

スタイリッシュなデザインとカラーもいいですね。

フィットネス業務用水素水サーバーのシェアNO.1、株式会社ガウラの直販ですので信頼性も抜群です。

GAURAmini(ガウラ・ミニ)公式ショップ

USED SALE中! 中古ガウラミニが78,000円~数量限定

 

エイチツー・ガウラ (HⅡGAURA)

エイチツー・ガウラ

エイチツー・ガウラはフィットネスクラブなどによく置かれている水素水サーバーの家庭用です。

●水素生成待ち時間ゼロ!

ガウラ・ミニと同じく特殊な電気分解方式で、一般の水素水サーバーのようにタンクの中で水素水を作って溜めておくのではなく、出口付近で水素を生成して注ぐので水素水ができるまで待つことがありません。

●溶存水素濃度1.0ppm+水素ガス28,000ppm

溶存水素濃度約1.0ppmは水に溶け込んでいる水素量で、注入時水素量は28,000ppm、水に対して2.8%の水素ガスをバブリングしますので、水が白くなるほど目で見て分かります。

●水道直結型。冷水温水機能付き。自動洗浄機能付き

エイチツー・ガウラは水道直結型で、浄水機能が付いていますので、1ppm以上の水素水が、いくらでも飲み放題です。

冷水(4~10℃)、温水(80~90℃)機能まで付いています。

また自動洗浄機能でメンテナンスフリーです。

 

在宅が多い大人数での利用なら一番適している水素水サーバーです。

デメリットは、水道直結して床置なので、設置したら簡単には動かせないことくらい。

●レンタルor購入

ガウラ・ミニと同じくレンタル契約があります。

3年レンタルで月5,980円(税別)、年1回目安の浄水フィルター交換も入っています。

購入の場合は198,000円(税別)になります。

購入は、こちらもJACCSショッピングクレジット(JACCSカードは不要)を利用すると、金利手数料無しで月々3,600円の60回払いが可能です。

H2GAURA(エイチツー・ガウラ)公式ショップ

 

H2 SERVER ピュアラスミニ

ピュアラスミニ

ピュアラスミニ(Pure+mini)は、医療機関トップシェアの「H2 SERVER」を小型化したもので、安心安全かつ高性能なのが特長です。

●厳密な電極非接触方式

ピュアラスミニは飲用水とは別で電気分解し水素を充填する電極非接触方式です。

医療機関でも採用されているだけあって、より衛生的で純粋な水素水を作り出します。

●タンク2.3Lを8分で1.2ppm以上

水素生成ボタンで8分間水素を充填し、水量によっては飽和濃度の1.6ppmに達します。

水素自動生成ボタンを使用すると、8分で充填完了後、3時間ごとに水素を補充して濃度を保ちます。

●冷水機能付き。浄水機能はなし

冷水ボタンで6℃~15℃の冷水になります。

浄水機能は付いていませんので、ミネラルウォーターなどの飲用水を給水します。

タンクの清掃が簡単で、水道水を入れて排水するだけなので、衛生的です。

 

少々高くても医療機関での実績を買って、安心安全・高機能を優先する人におすすめします。

金利手数料無料の24回払いが利用可能で、11,000円/月ほどで購入できます。

実売価格:268,200円(税別)
販売会社:株式会社ドクターズチョイス

ピュアラスミニ公式サイト

詳しい資料請求もできます。

 

ピュアラスミニには医療機関レベル(1分間で80ml)の水素吸引もできる「ピュアラスmini Deluxe」もあります。実売価格358,200円(税別)

 

ルルドハイドロフィクス(LOURDES HYDROFIX)

ルルドハイドロフィクス

「ルルドハイドロフィクス」は「ルルド」の後継機種。

初代ルルドはTVショッピングでも販売されて大人気でしたが、ルルドハイドロフィクスは大幅に機能アップして、現在価格は逆に安くなっています。

●水素ガス吸入ができるようになった

1分間に26mlと、医療機関などの水素吸入と比べると少量ですが、普及価格の家庭用水素水サーバーに水素ガス吸引が付いているのはまれです。

※水素ガス吸入スターターキットは別売りですが、今なら特典で無料プレゼント中です。別売価格9,000円(税別)

●水素濃度メーターが付いた

実際飲むときにどれくらいの水素濃度なのかは通常分かりませんが、ルルドハイドロフィクスには水素濃度メーターが付いているので、一目瞭然です。つまり1.2ppmの濃度保証ということ。

●分離生成方式(電極非接触方式)

飲用水とは別で電気分解して水素を充填しますので、不純物が混ざらない構造です。

●追い焚き機能(水素自動補充機能)。ピッチャーは1.5L

ルルドの最大の難点は、水素の生成に時間がかかること。

ピッチャーの容量は1.5Lと少なめですが、1.2ppmにするまでに30分かかります。(500mlだと10分)

水素生成後は少しずつ水素が抜けていきますが、追い焚き機能をONにしておくと、自動的に水素を補充して1.2ppmをキープします。(ピッチャーを外すとOFFになります)

●浄水フィルターが搭載可能になった

別売りで浄水フィルターが付けられますので、水道水でもOKになりました。別売価格3,600円(税別)

ミネラルウォーターで作る場合は不要です。原水の水質は変わりませんし、phも+-0.1の範囲でしか変わりません。

 

安価に水素吸引もできたらいいなという人にはおすすめです。

●メーカー5年間保証

5年間保証の製品はなかなかありません。部品から組み立てまで純日本製です。

メーカーサポートダイヤルでいつでも対応してもらえます。

実売価格128,519円(税別)
販売会社:ミライプラス株式会社

ルルドハイドロフィクス販売ページ

 

PURE WATER+H2

PureWater+h2

トーエルの水素水ウォーターサーバー「PURE WATER+H2」は、ハワイオアフ島の水「ピュアハワイアン」もしくは長野県北アルプスの水「アルピナウォーター」セットで利用する、レンタル水素水サーバーです。

 

ウォーターサーバーの場合、濾過(ろか)フィルターにマグネシウムやセラミックを入れて化学反応させる方法では、微量の水素しか発生しません。

しかしトーエルの「PURE WATER+H2」は電気分解方式の水素水サーバーをウォーターサーバーに横連結して迂回させるという方法を開発していますので、高濃度の水素水になります。

溶存水素濃度については長野県薬剤師会検査センターの試験結果で最大値4.17ppmという数値が出ていますが、常識的に考えてこの数値は、密閉された容器内で圧力をかけて充填しなければ出ません。

ナノバブルにしてもここまでは行きません。

8.5分間サーバー内の水に水素を供給したときの数値と書いてありますので、おそらく圧力がかかっているのでしょう。

とは言え、実際に飲むときの水の溶存水素量も十分な濃度だろうと思います。

水素の生成ボタンなどは付いておらず、定期的に水素水を作るようにプログラムされています。

トーエルの水素水ウォーターサーバーのレンタル料は安いものですが、そもそもウォーターサーバーは水の販売で利益を出すビジネスモデルですので、単純に他の水素水サーバーと価格比較ができません。

ウォーター サーバーレンタル料/月 12L1本 8L1本
アルピナウォーター 1,572 1,050 780
ピュアハワイアン 1,000 1,800 1,370

 

ウォーターサーバーのファンで水素水にしたいという人には「PURE WATER+H2」をおすすめします。

水素水ウォーターサーバー【PURE WATER+H2】

株式会社トーエル

 

おすすめから外した21製品とその理由

アーガ(AREGA)水素冷温水サーバー H-DX1、水素冷水サーバー H-STD1

アーガ(AREGA)の水素水サーバーは、たいへん高性能で高価ですので、一般家庭よりも会社や病院などの設備と一緒に導入されることが多いです。

水道直結型で、給水・排水専用ポンプを内蔵していますので、水道の水圧に関係なく設置できます。
RO逆浸透膜を用いた万全な浄水機能と、約70種類のミネラルを添加するフィルターを搭載しています。
溶存水素濃度は、ほぼ飽和濃度(1.6ppm)になり、温水でも十分な水素が溶存しています。(H-DX1)

レンタル料も高くあまり一般家庭向きではありませんので、おすすめには入れませんでした。

業務用で探すと他にもありますが、当サイトは個人向けですので対象にしていません。

水素ごっくっく、水素ごっくっくmini

「水素ごっくっく」「水素ごっくっくmini」は、翔栄ウエルネスがレンタルしている水素水サーバーです。

水道直結型で「RO浄水システム」が搭載されていて冷水・温水機能も付いていますし、水素生成部分は電極非接触型の電気分解方式で、高濃度です。

性能や機能的には優れていて、おすすめに入れても良いのですが、フィルターの交換がけっこうな出費となり、レンタル料金に含むプランも高くなるため、5選からは外しました。

アキュエラ・ブルー

アキュエラ・ブルーは水素水サーバー初期のモデルですが、1.6ppmの飽和濃度水素水が作れる今でも高機能と言える製品です。しかし容量が0.8Lしかなく、価格が284,000円です。

0.8L程度なら「ピュアラスミニ」で1.6ppmに達すると思いますので、あえておすすめ5選には入れませんでした。

マリアージュ、ナノビア(Nanovia)

これら2製品は出口付近でのワンパス電気分解・水素ガスバブリング方式で、形状・スペックともに「ガウラ・ミニ」と同じOEM製品です。

価格はマリアージュが200,000円ですがミライプラスでは164,000円になっています。

ナノビアは198,000円です。

価格、販売実績、サポート面の充実度からも「ガウラ・ミニ」の直販をおすすめします。

ハイブリッドH2サーバーWP-400、スペシャルバブル水素WP-300

どちらも水素ガス濃度20,000ppmの水素ガスバブリング方式のサーバーです。

価格がWP-400は398,000円、WP-300は298,000円でしたが、現在は半額以下で販売されています。(ミライプラス)
※交換用浄水フィルターが1本15,000円かかります。

こういう売り方をしている製品はもはや避けたほうが無難です。(元々が高すぎる)

水素ガスバブリング方式なら「ガウラ・ミニ」「エイチツー・ガウラ」をおすすめします。

ウォーターサーバー「クール・クー」の水素水コース

販売ページには電気分解方式で最高濃度1.0ppmと書いてあり、測定器に1,037ppb(1.037ppm)と写った写真がありますが、公式サイト内の他のページには761ppb(0.761ppm)の写真があります。

また、他社製水素水の溶存水素濃度を作為的に低く見せており、信頼できません。例えば、アルミパウチ水素水で、0.044ppmや0.042ppmの製品はありません。

ウォーターサーバー型水素水「ブルーオーシャン」

電気分解方式ですが水素濃度0.5~0.75ppmとの記載があり低濃度です。

 Aqua Bank(アクアバンク)、eau!(オー!)、からだ想い、バイオシス

これらの製品は、マグネシウムを含む鉱物かセラミックと、水を反応させて水素を発生させるフィルター方式で、低濃度(0.1~0.5ppm程度)の水素水しか生成できませんし、時間がかかります。

基本的な原理は「ドクター水素水」のような水素水スティックと同じです。

ソーマ(SOMA)、オーロラ(オーロラH)、オーロラプラス

これら3機種は水素水サーバー初期のモデルで、いずれも株式会社フラックスの製品です。

時間がかかる上に低濃度の水素水しか作れません。たとえ安くなっていても今から買う理由は無いと思います。

グリーニングウォーター(GREENING WATER)、ヘルスメーカー、エライム

Amazonや楽天市場で販売されている安価な水素水サーバーは他にもありますが、輸入品、海外生産品が多く、故障が多かったり、実際にはほとんど水素が出ていなかったりしますので、おすすめしません。

 

まとめ

何を優先するかによって選ぶ水素水サーバーは変わってきますので、それぞれのおすすめポイントを見て決めて頂ければけっこうですが、特にこだわりがないのであれば、水素濃度、水素生成時間、容量、価格、デザインなど、総合的に「ガウラ・ミニ」をおすすめします。

GAURAmini(ガウラ・ミニ)公式ショップ

USED SALE中! 中古ガウラミニが78,000円~数量限定

大人数で利用するなら「エイチツー・ガウラ」です。

H2GAURA(エイチツー・ガウラ)公式ショップ