水素サプリを一刀両断!正直な製品比較とおすすめランキング

水素サプリメント

このページは、水素サプリメント各製品について、製品の品質もさることながら、販売ページに記載されている情報の信憑性も重視して、評価と比較を行っています。

特に、水素サプリの重要なポイントである水素の発生量について、誤認させるような記述をしている販売者は、当然評価を下げるべきと考えるからです。

具体的にどういった点に注意して見ているかというのは、こちらの記事を参考にしてください。

だまされない水素サプリ選びのために知っておくべきこと!

 

おすすめの水素サプリメント5選

水の素(みずのもと)

 

水の素

  • 水素発生剤:精製岩塩
  • 販売元:日本機能性医学研究所
  • 価格(税込):通常12,960円、定期購入12,000円
  • 1日(2カプセル)あたり費用:通常432円、定期購入400円

「水の素」は、日本医科大学の太田成男教授と日本機能性医学研究所の斎藤糧三医師が共同開発した水素サプリで、精製岩塩による水素発生剤の本家とも言える製品です。

1日分2カプセルで飽和濃度(1.6ppm)水素水2L分の水素(35mlの水素ガス)を発生させるという実験動画を販売ページでも公開しており、エビデンス(証拠)として信用できます。

当然価格もお高くなってしまいますが、十分な水素量ですので、1日1カプセルでもよいと思います。

定期購入で若干お安くなりますが、最低3回目までの継続が必要です。

販売ページの「ご購入はこちら」ボタンからは単品購入ページへ行きますので、そのページの下の方に、「水の素(定期便)」というリンクがあります。

毎月定期ですので、1日1カプセルにして2ヶ月持たせる場合は、「休止」で対応するか、直接相談してください。

詳細はこちら⇒「水の素」公式サイト

 

ナチュラ水素

ナチュラ水素

  • 水素発生剤:精製岩塩
  • 販売元:ナチュラ株式会社(旧千代田薬品工業)
  • 価格(税込):通常11,000円、定期購入初回5,500円、2回目以降8,780円
  • 1日(3粒)あたり費用:通常366円、定期購入初回183円、2回目以降292円

ナチュラ水素も太田成男教授が開発した精製岩塩を使用しています。

1日分3粒で水素濃度1.6ppmの水素水1L分、つまり1.6mgの水素を発生するとあり、妥当な数値ですし、信用できると思います。

「水の素」と比較すると発生量は半分ですが、計算上は一般的なアルミパウチ水素水1L分以上です。

価格がリーズナブルで、定期購入を利用すると、2回目以降いつでも休止・解約可能ですので、実質半額で1ヶ月のお試しができるのが魅力です。

詳細はこちら⇒ナチュラ水素公式サイト

 

ハイドロゲンEX(hydrogen EX)

ハイドロゲンEX

  • 水素発生剤:マイクロクラスター
  • 販売元:WaterLabo(株式会社ルナ)
  • 価格(税込):通常9,400円、お試しパック10日分2,400円~30日分7,200円、定期購入6,980円
  • 1日(3カプセル)あたり費用:通常330円、お試しパック240円、定期購入232円

「ハイドロゲンEX」は、マイクロクラスターを1粒に30mg配合しており、1ヶ月分90カプセル入りですから1日3カプセルでマイクロクラスター90mgになります。

はっきりと含有量を表示している水素サプリメントは少なく、90mgですと水素発生量も高レベルになり、信頼できる製品と思います。

他にアップルペクチン、レスベラトロール、根昆布末、発芽玄米も配合していて、複合健康サプリメントになっています。

お試し10日分がありますが、30日分なら定期購入がお得です。

詳細はこちら⇒ハイドロゲンEX公式サイト

 

ヘルシアーナ水素

ヘルシアーナ水素

  • 水素発生剤:焼成カルシウム(サンゴ、牡蠣殻)※水素担持加工
  • 販売元:株式会社ウェルネス・ワン
  • 価格(税込):通常3,980円、定期購入初回1,980円、2回目以降3,780円

定期購入は最低3回継続。14日間完全返金保証。

  • 1日(4カプセル)あたり費用:通常133円、定期購入初回66円、2回目以降126円

サンゴや牡蠣殻カルシウムは、精製岩塩やマイクロクラスターと比べると水素発生量が少ないのですが、ヘルシアーナ水素に関しては、各種試験のエビデンス(証拠)を載せているし、酸化還元電位(ORP)値を見ても良い結果を出しているので、おすすめに入れました。

しかも11種類のビタミンも配合しており、マルチビタミンとしても機能して、この低価格はすばらしいと思います。

還元力については、酸化還元電位(ORP値)-320mV ※試験データあり。

水素発生量はNAD試薬検査値 4カプセル分 1.62×1020(60分、100mlで算出)。

これは私の計算が正しければ、1.06ppmの水素水500ml分の水素を発生することになります。

定期購入は最低3回継続で、計9,540円(税込)、1回あたり3,180円です。

詳細はこちら⇒ヘルシアーナ水素公式サイト

 

水素のしずく

水素のしずく

  • 水素発生剤:マイクロクラスター
  • 販売元:新日本水素(株式会社バウムクーヘン)
  • 価格(税込):通常9,800円、定期購入初回2,980円、2回目以降6,980円
  • 1日(2カプセル)あたり費用:通常326円、定期購入初回99円、2回目以降232円

水素のしずくは、欲張りなオトナ女子向けサプリですね。

水素発生剤の他に、皮膚や粘膜の健康維持を助けるビオチン、2種類の乳酸菌食物発酵エキス、めぐりをサポートする金時ショウガ、食物繊維の難消化性デキストリンを配合した、美容サプリメントです。

水素については、「2粒で1.608ppmの水素を発生!還元力も脅威の-950mV」とありますが、これは原材料メーカーのデータをコピペしているだけで、この製品のデータではありません。

改善してもらいたいです。

Amazonでの商品説明に、マイクロクラスターを30mg配合と書いてあったので、そうだとすると、ハイドロゲンEXの3分の1ですが、水素以外にいろいろと入っているので、美容サプリとしてなら妥当と思います。

しかも定期購入の初回割引が70%OFFと半端ない。

定期購入に回数しばりはないし、30日間返金保証付きです。

さらに「2ヶ月に1回お届け」を選ぶと、2ヶ月分が初回70%OFFになります!

詳細はこちら⇒水素のしずく公式サイト

 

その他の水素サプリメント

おすすめには入れませんでしたが、せっかくですから掲載します。

製品としては、おすすめしても良いものもありますので、参考にしてください。

H2 Supplement

H2Supplement

  • 水素発生剤:精製岩塩
  • 販売元:株式会社水素のCHIKARA
  • 価格(税込):定期購入12,960円

「H2 Supplement」は、実は水素治療を行っている「四谷辻クリニック」で使用している水素サプリメントで、実績もあり良い製品なのですが、販売ページの出来が悪過ぎて、おすすめに入れませんでした。

  • 「1カプセルで水素発生量86ppm、水素水1L分に相当」と何度も出てきますが、86ppmが何を意味していて、何ppmの水素水1Lなのか、説明不足で意味不明です。
  • 水素水との比較グラフも間違っている。(基準が違う)
  • メチレンブルーを使った試薬実験動画は、条件が不明、水素水の水素濃度も不明。
  • 「厳格な品質管理を実施する生産工場で製造」の裏付けがないし、「水素を知り尽くした私たちが作りました」って、だれ?
  • 「特定商取引法に基づく表記」をクリックすると、同じページに戻ってくる。これは致命的なので、修正して頂きたい。(2018/8/16)
  • 定期購入という記載がなく分かりづらいですが、申込ページに行くと「定期購入」になっています。60粒入り約2ヶ月分とあるが、そのままだと毎月来ます。2ヶ月定期に変更依頼が必要です。

散々けなしましたが、元々良い製品ですので、購入しても問題はないですよ。

販売ページ⇒H2 Supplement公式サイト

 

アクアシャイン

アクアシャイン

  • 水素発生剤:還元性岩塩、サンゴカルシウム、風化貝カルシウム
  • 販売元:株式会社はつが
  • 価格(税込):通常7,980円、定期購入初回2,980円、2回目以降5,900円。※定期購入は3回継続必要。

「アクアシャイン」も良い製品とは思いますが、販売ページが間違っていて誤認させるので、おすすめに入れませんでした。

まず、「1日3カプセル分の水素濃度14ppm」は、NAD試薬検査での水素発生量から計算した、100mlあたりの理論上濃度のようですが、水素水と比較するなら1000mlあたり、つまり1.4ppmとしなくてはなりません。

そうすると、「0.8ppmの水素水18本分」ではなくて、約1.8L分。

飽和濃度(1.6ppm)水素水なら、約900ml分です。

これでも優秀な数値なので、NAD試薬検査値を正確に書けばよいのにと思います。

次に「酸化還元電位(ORP)が-500mV~-588mV」は、たぶん検査開始直後のMAX値です。

そして、「還元状態持続時間100時間以上」は、1日分のサプリで4日以上マイナス電位になることはあり得ませんので、何を示しているのか不明です。

+300mVからスタートして100時間後でも+299mVとかになっているということか?

販売ページに問題がありますが、元々は良い製品と思います。

定期購入3回分の平均は、4,926円になります。

販売ページ⇒アクアシャイン公式サイト

 

BIG BANG

BIGBANG

  • 水素発生剤:マイクロクラスター
  • 販売元:株式会社ウェルカム
  • 価格(税込):通常6,480円、まとめ買いで割引あり。

「BIG BANG」はマイクロクラスターを使用していますが、含有量が不明で検査データもありません。

販売ページに溶存水素量1.608ppmと書いてありますが、これは原材料メーカーのデータをコピペしているだけで、この製品のデータではありません。

水素サプリメントとしては初めてモンドセレクション銀賞を受賞しているので、悪くはないのだろうと思いますが、残念です。

定期購入はありませんが、まとめ買いで安くなります。

販売ページ⇒BIGBANG

 

M.GH真水素

M.GH真水素

  • 水素発生剤:精製岩塩
  • 販売元:株式会社Kyo Tomo
  • 価格(税込):通常12,798円、定期購入10,476円。

M.GH真水素は良さそうな製品ですが、水素分子含有量の証明としている検査報告書をよく見ると、7.5wt%と書いてあります。

どういう条件での7.5wt%か分かりませんが、これは質量の割合ですし、75,000ppmは正しいのでしょうか?大きすぎますね。

少なくとも、これは水素水の溶存水素濃度と基準が違うはずですが、そのままグラフで比較しています。

「1日3カプセルで1.2ppmの水素水8本分以上」も、どう計算しても辻褄が合わないので、間違っていると思います。

販売サイト⇒M.GH真水素

 

Zeo7 ゼオセブン

  • 水素発生剤:機能性ゼオライト
  • 販売元:株式会社クジラ(genki21)
  • 価格(税込):120粒入通常14,256円、定期購入6,408円(6ヶ月以上)、30粒入お試し1,080円(3袋まで)。

Zeo7(ゼオセブン)の材料は、ゼオライトと貝殻類の微細粉末を配合して焼成した、ゼオライトセラミックです。

酸化還元剤として、その作り方が特許になっており、OEM供給を受けているものです。

酸化還元電位:-200mV~-300mV。

酸化還元力があることは間違いありませんが、「還元水素イオン(活性水素)」についての記載は推論に過ぎませんし、試験証明も自社で作っているものです。

「1粒で水素水30L分」も、自社の風呂用水素水ボールの30倍と言っているだけですので、鵜呑みにしないでください。

この機能性ゼオライトを使っている製品には他にも「ゆうき水素」などがあります。

販売ページ⇒Zeo7(ゼオセブン)

 

エクスチェンジH2

エクスチェンジH2の水素発生剤はシリカハイドライドパウダー(マイクロクラスターのこと)ですが、原材料を見ると、「クエン酸カリウム、炭酸カリウム、微粒二酸化ケイ素、高級脂肪酸(オレイン酸)、水素」となっています。

日本で流通しているマイクロクラスターは、「高級脂肪酸」ではなく「硫酸マグネシウム」を使うので、これは「マイクロクラスターに近いもの」ですね。

ガスクロマトグラフを使って水素ガス量を計測しているとありますが、データが示されていません。

カラダに水素

「カラダに水素」の水素発生剤はマイクロクラスターですが、「水素発生量 1,608ppm」という記載から間違っています。

これは原材料メーカーの「『豊富な溶存水素量 1.608ppm』※マイクロクラスターHD2.2gを水220ccに溶解させ、30分後の値」という記述をコピーした上に、ピリオドとカンマを間違え、桁違いになっていますし、注釈の説明まで間違っています。

この製品のデータはどこにもありません。

「あなたが選んだ水素水、水素発生量は何ppmですか?」って、水素水からは発生しませんよ!

販売終了品

  • サビトルウォーター
  • SAMSARA-H
  • 水素美人
  • パワー水素

まとめ

あまりまとめることもありませんが、水素サプリメントは効果を誤認させる販売ページが多いです。

このページを参考にして、「誠実だなぁ」と感じる販売者から購入するようにしましょう。

製品の販売者さまがこのページをご覧になって、もしLPなどを修正された場合は、どうぞ問い合わせページからご連絡くださいませ。

このページも修正させていただきます。